2010年11月26日

ヒッツ・マングローブ様

オリ、マツコ・デラックスとかミッツ・マングローブとか好きでねー(爆

前夜中ずーっとマツコの動画探しては見てて…
朝方迎えてもた。。みたいな時期もあったりで(w

ま、そんなこたどーでもええんですわい(ええんかいっ

北海道のミッツ・マングローブこと、

ヒッツ・マングローブ様を描かせて頂きマスタるんるん
hi-yan.gif
この前のアカホっちの妹の姫やん、ひーやんでつ。

多分、この子は小悪魔ですよっ手(チョキ)くくくっ(ただのイメージだけで言っております


あー!何かモフモフしてぇ!!!!!!!!
こないだ、めっさ小せぇ子犬見て悶えてしもた(爆

でもネコもソテキ★

でも、やっぱりフェレが好き!!!
posted by taroc at 12:12| Comment(0) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

くっ!!!

あまりの嬉しさに!!!!
akahocchi.gif
筆を走らせたも、このレベル…(ちーん。。

いやー、初めての事するとイカンね。。汁

新しい塗り方してみたら、見事失敗。。


愛情はこもってるんで、あしからず!!!

技術が付いてこないだけだ!!!!!! ←大声で

てな訳で、突っ走ってみた。
かわえーな。。フェレって。。じゅるりっ。。

後で、嫌がらせみたいにメールに貼り付けて送ります!(w
posted by taroc at 11:30| Comment(2) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

ありがとう!

色んな人達にメールを頂いて、倖ちゃん皆に愛されてて良かったねと心から思った。

オリの愛する娘は、皆にも愛してもらっていたって思ったら…

滝涙。w

オリ駄目だなー。。
涙もろくなっておるな、、しょうがないか、オッサン30にもなっちったし。。
倖ちゃん来た時はピッチピチの23だったのに!(←とくにピチピチでもなかったくせに

ま!昔から老いてるしね!!!(遠い目

もう、老化一直線!

何か今はまだ半分半分って感じですよ。

大丈夫かと言えば大丈夫だし、

大丈夫じゃないかと言えば大丈夫じゃない。

やっぱり、倖ちゃんが居ないのは、、、
考えるだけで号泣するくらい…な訳で。。。
でも、考えると辛いから考えない様にしてる。

考えなかったら楽だし、倖ちゃんが居ない事にもポジティブで居られる。

でも、やっぱ欠乏症だなーとは感じる。

今、唯一居る玄関の金魚2匹。

気づいたら玄関でジーってボケーって何も考えずに座り込んで見てたりしてる。


おい、末期だな。(濁汁っっ

でも倖ちゃんがもたらしたチャンスと多忙。
これは、ここで頑張る時期なんだと倖ちゃんが教えてくれてるんだと思う。

だから、寂しいからってお迎えしないと決めた。

今お迎えしたら、その子に甘えてしまう事になる。

辛いけど、倖ちゃんが「やりなさい」って与えてくれた試練を乗り越える時だと思う。

今は仕事を頑張って、落ち着いた時にはじめて「いいよ」って言ってくれると思う。

気を紛らわせる為だったら、オリもやっぱりお迎えしたくない。

触れ合って居たいよ、寂しもん。


でも、それって多分倖ちゃんの「変わり」なんだ。

倖ちゃんが居ない寂しさを紛らわせる「変わり」なんだ。

そんな気持ちじゃ、そのお迎えした子も可哀相だ。
勿論、雑に育てるとかそんな事は絶対しないし、溺愛すると思う。

でも、倖ちゃんを求めてる自分が100%に近い状態じゃ、ダメだと思う。

だって、多分今フェレ見たら皆「倖ちゃんの生まれ変わりだ!」って思ってしまうもん…


ちゃんと時間を置いて、落ち着いて考えてお迎えしようと思うまではお迎えするべきではないと思った。

勿論、仕事が忙しいのもある。
今ベビを迎えても大変だと思うし、出来ない事は無いけど、もっと余裕もってお迎えしたいと思っている。

フェレライフはしばらくお預け。
仕事頑張ったご褒美としてお迎えしようと思う。

それまで、オリは頑張って自分を大きくしないといけない。

倖ちゃんに認めてもらえるまでは、フェレを妄想するだけで我慢しる!!

モフモフしたいけど我慢しる!

頑張るよ、倖ちゃん。
ko_cyan.gif
◎追記◎
もう少し頑張って気持ちが上向いたら、昔の事とか書いて行きたいと思います。
かなり時間のかかるヤツですが、暇な時にどうぞ覗いてやって下さい。
この場所は死ぬまで無くしはしません★
posted by taroc at 13:05| Comment(0) | フェレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。